会社設立で避けたい無効事由 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 会社設立で避けたい無効事由

会社設立で避けたい無効事由

 

会社設立で気を付けておきたいのが、無効事由というものです。
無効事由というのは何かというと、簡単に言えば会社の設立が認められず、無効になってしまう事由のことを言います。
会社というのは、色々な条件やルール、マナーなどによって設立が許可されます。
また、法律によっても会社設立に関してはしっかりと定められているのです。
そんな中、当然ですが法律を順守していない会社は無効となりますし、条件やルール、マナーに従えない会社も無効になる場合があります。
他の企業などがしっかりルールを守っているのに、一部の企業だけルールを破っても良いということはあり得ないのです。
公平に会社設立を促進するためにも、国ではあまりにも常軌を逸している会社設立に関しては、許可しないことにしています。
近年は特に税金対策で会社設立をする人も増えていますし、無職や無収入の方が会社設立をすることも多くなっています。
それ自体は問題がありませんが、実際に内容によっては企業として認められない場合もあるのです。

では、会社設立が無効になってしまった場合は、どのようになってしまうのでしょうか。
これに関しては、文字通り会社設立が認められず、無効となってしまいます。
つまり、せっかく会社設立を行っても、無効となってしまえば企業として名乗ることはできなくなるということです。
そこは十分に配慮していくことが必要となるでしょう。
もちろん、しっかりとした法律を順守し、ルールやマナー、各自治体の条件なども加味して設立すればまったく問題はありません。
だからこそ、ミスの内容に会社設立の手順や流れを確認しておくことが必要です。
ちなみに、会社設立後にトラブルや問題が発生すれば、そのまま無効になるということも十分にあり得ます。
せっかく会社設立を行ったのに、無効になってしまえば本末転倒です。
最初からしっかりとした手順と流れで、会社設立というものを行ってください。

ちなみに、事前にトラブルや問題を防ぎたいのであれば、専門家に代行してもらうのが良いかもしれません。
会社設立に関しては司法書士や行政書士、税理士が必要となってきます。
この手の専門家は会社設立についても知り尽くしている方が多いため、必要な手続きなどはすべて代行してくれることもあります。
そういう点を活用していけば、ミスもなく会社設立をすることが可能です。
ミスがないということは、後々になってから無効になるということもありません。