会社設立手続きの方法と注意点 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 会社設立手続きの方法と注意点

会社設立手続きの方法と注意点

 

ここでは、会社設立に関する手続きについて、簡単に解説していきたいと思います。
会社設立をするには、「登記」というものをまず申請する必要があります。

登記の申請は、公証人役場という場所で、まず定款を認証してもらうことからやらなければなりません。
定款の認証というのは、会社のルールを国に登録するという意味合いがあります。
定款は、紙の書類として作成する方法と電子定款を利用する方法の2つです。
定款を認証してもらう時には、公証人手数料5万円と収入印紙代4万円がかかるのですが、電子定款を利用すると、収入印紙代分の4万円が要らなくなりますので、費用の節約になります。

公証人役場にて、定款の登録が終わったら、資本金を個人口座に入金して、資本金払込証明書というものを発行してもらいます。
こちらの書類は、銀行に言えばすぐに発行してもらえますので、面倒な手続きはありません。
ただし銀行に資本金を預けれる時には、ある程度自分で使える余裕資金を残しておいた方がいいでしょう。
全力で預けてしまうと、後々個人では引き出せなくなってしまいますので、注意が必要です。

なぜならば、資本金は預けた段階で、会社のお金ということになってしまい、個人で自由に使えなくなってしまいます。
つまり経営者であるあなたは、会社に出資をしたということになるのです。
出資されたお金は、会社の事業を運営するために使われるお金ということになります。
例えば、あなたがそのお金で個人的に旅行に行ったり、車を買ったりするということはできなくなってしまいます。

さて、資本金を口座に預けて資本金払込証明書を受け取ったら、今度は登記申請書や定款謄本印鑑登録証明書などの書類を用意して、法務局に足を運ばなければなりません。
発起人決定書と呼ばれるものも必要です。
ちなみに定款謄本は、公証人役場で有料で発行してもらうことができますので、こちらも用意しておく必要があります。

あと、法務局では印鑑届出書を作成する必要があります。
印鑑届出書というのは、法人の印鑑の届出ということです。
これを作ると、法人の口座を利用することができるようになります。

法務局にはこれらの書類を提出して、承認されれば、晴れて会社設立ということになります。
ちなみに 提出して承認された日が、会社設立日になりますのでよく覚えておきましょう。
ここからは余談になるのですが、どのような日を会社設立日にしたらいいのか、悩む人は多いかと思われます。

些細な問題なようですが、取引先が縁起を担ぐ相手だといけないため、できるだけ縁起のいい日に設定したいものです。
天赦日という一番縁起のいい日がありますが、年に数回しかないため、そこそこ対象日がある、大安が一番無難ではないでしょうか。
縁起の良い日に設定したからと言って、手続き料金が上がるわけではありませんので、できればそういう日を選んでおくと良いでしょう。