株式会社設立の費用 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 株式会社設立の費用

株式会社設立の費用

これから会社設立をしたいと考えている人のほとんどは株式会社設立に向けて動き出していると思いますが、株式会社設立にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
会社設立の際に気になることを聞いたときにもっとも多く聞かれるのが「費用はどれくらいかかるのか?」という点で、これは最大の問題であり避けては通れない問題でもあります。

まず会社設立にあたって必要になるのが資本金ですが、株式会社設立にあたって最低いくら用意しなければならないかご存じでしょうか?
これは旧会社法だと最低1,000万円の資本金を用意することが義務付けられていましたが、新会社法に改正されてからは特に設定されていません。

つまり資本金1円でも株式会社設立は可能なのです。
しかし現実的に考えて1円の資本金で運営していくことはほぼ不可能ですから、会社に必要なものは何かを発起人同士でしっかり協議して金額を設定しておきましょう。

一般的に会社スタートから3ヵ月程度の運営費を賄える程度の金額は用意しておきたいところで、これは会社スタートからすぐに運営が軌道に乗るとは限らないからです。
会社スタートしてしばらくは赤字経営になることも想定しておかなければなりませんし、ギリギリの金額では万が一のときにも対応できません。

また資本金の設定がないのはすべての業種というわけではなく、一部の業種は資本金の最低額が設定されています。
たとえば人材派遣業の場合は最低でも2,000万円の資本金が必要になりますので、自分がやろうとしている業種は資本金の設定があるのか確認しておくことも忘れないでください。

そして会社設立の手続きにかかる費用もあって、株式会社設立の場合はまず定款の作成・認証にお金がかかります。
紙の定款の場合は印紙代が40,000円、認証時の公証人手数料が50,000円必要になります。

電子定款にする場合は印紙代の40,000円がかかりませんので、こちらがお得ですし今は電子定款が主流になっています。
さらに登記申請の際に登録免許税150,000円が必要になりますから、トータルで200,000円~240,000円程度の費用がかかるということになります。

このように株式会社設立には何かとお金がかかりますので、資金調達の手段も選択肢を増やしておいたほうがいいですし、補助金や助成金の制度をうまく活用すると少ない資金でもスムーズに会社設立できます。
この点は専門家にアドバイスをもらいながら進めて行くといいでしょう。