株式会社設立の流れ – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れ

会社形態には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類がありますが、会社設立と言えばほとんどの人が株式会社をイメージすると思います。
日本の企業のほとんどは株式会社で成り立っていますし、株式会社を設立することで得られるメリットも多いですから、初めて会社設立するならよっぽどのことがない限り株式会社をおすすめします。

そこでここでは株式会社設立に向けてどのような流れで進めていけばいいのかお伝えしていきますので、これから会社設立を考えている人は参考にしてください。
はじめに株式会社設立にあたっての準備ですが、まずは発起人を決めて事業計画を発案していきます。

発起人とは会社設立にかかわる人たちで、出資者となりますから後に役員となる人たちのことを指します。
発起人の人数制限は特にありませんし、特別な資格も必要ないので誰でもなることは可能です。

そして事業計画についてですが、これはどんな商品をどのような売り方をするのかという基本的な部分を決めるところからスタートし、お金をかけるべきところ、人数はどれだけ必要になるのかなど基盤を整え、将来的にどのように展開していくのかという部分まで決めておきます。
事業計画が決まったら、会社名と会社の所在地を決めますが、会社名は基本的に自由に決めることができますので、たとえば発起人の名前から取っても構いませんし会社のスローガンになるワードをそのまま付けてもいいでしょう。

ただし会社名が使えるものでなければいけませんので、候補が決まったら必ず商号調査をしてください。
会社の所在地は会社運営やアクセスのことを考えて適切なところを見つけてください。

この辺りが決まったら機関設計とともに定款を作成していきますが、定款とは会社のルールブックのようなもので、ここに記載されていることが会社の基本事項になります。
株式会社の場合は定款の作成と認証手続きをしなければなりませんので、公証役場で手続きをします。

定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、登記申請に移ります。
登記申請は法務局で行いますが、この際にも登記申請書や登録免許税など必要なものがいくつかありますので、すべてそろえて申請してください。

登録免許税は株式会社の場合150,000円必要になりますので、印紙か現金で持参する必要があります。
登記申請が無事終わったらあとは会社設立に向けて各市町村へ届出をしたり、インターネット回線の契約など会社スタートに向けて動き出します。