会社設立と印鑑の種類 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 会社設立と印鑑の種類

会社設立と印鑑の種類


会社設立のためには必要な準備があります。
その1つになっているのが印鑑です。
なにか重要な契約をするときや、なにかを受け取るときなど、捺印が必要です。
それは法人単位でも同じですから、新しい会社を作るとき、専用の印鑑を用意します。
このとき印鑑にもいくつかの種類があるのがわかると思います。
どれを用意すればいいのでしょうか?

絶対に用意すべきなのは、代表者印といいます。
その名前からもわかるかもしれませんが、その会社の代表者の印という意味で、もっとも重要な実印となります。
会社を作る段階で、これがすでに必要となりますから、必ず用意して下さい。

あまり聞きなれない種類となるかもしれませんが、専用のショップでは普通に売られています。
特に会社設立を前提とした法人用印鑑を扱うショップでは、この種類も見つかることが多いです。
最低でもこれは購入するようにして下さい。

代表者印を用意したら、それで会社設立に必要な印鑑は最低限揃ったことになります。
ただ、実際に会社を運営するときには、このほかにも必要になりがちな種類があります。
それらも一緒に購入する方が多いですから、特に理由がなければその他の重要な種類の印鑑も一緒に用意しておくと良いでしょう。

その他の種類の印鑑とは、まず銀行印があります。
これは口座を開設するときに使うものです。
個人でもこの印鑑を用意している方もおられるでしょう。
法人でも銀行用の印鑑が売られており、なるべくならこちらを使うことをおすすめされています。
口座開設は会社設立が終わり次第、すぐに行うことが多いですから、代表者印と一緒に買っておく方が多いです。

次に、角印があります。
その名前通り、印面が四角いのが特徴です。
名前もその形も個人用の印鑑ではあまり見ないものとなりがちですが、これは何かというと、法人で使う認印となります。

この認印は先の代表者印でも代用できますが、認印を使う機会は比較的多いですよね。
ちょっとした書類に必要な捺印のほか、荷物の受け取りなどにも使います。
このような日常的な捺印にまで代表者印を使うのは、セキュリティ上あまりよくないため、専用の認印が用意されます。
それがこの角印になるのです。
この種類も会社設立後、すぐに使うことも多いため、一緒に用意されることが多いです。

会社設立時に必要な印鑑の種類は、このようになります。
起業手続きを終えるだけなら代表者印1つでも間に合いますが、その後の運営のことを考えて、その他の重要な種類の印鑑もよく一緒に用意されます。
法人用の印鑑ショップではすべてがセットになった商品もよく売られているため、それを購入するのもおすすめです。