会社設立での印鑑届出書 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 会社設立での印鑑届出書

会社設立での印鑑届出書


会社設立に向けていよいよ動き出した方もいらっしゃるでしょう。
このときにやる手続きの内容として、有名なのは登記の手続きです。
会社の基本的情報を法務局で登録するのですが、これが終わると、実はもう会社は設立されたものとみなされるのです。
つまり会社設立の手続きの大詰めとなるものですから、多くの方がこれを意識して手続きをしていらっしゃることでしょう。
しかしこのとき、一見すると会社設立の手続きと直接は関係ないように見える手続きも入っています。
それが印鑑届出書の提出です。

これは登記の手続きで必要な書類の1つに入っていますから、これを出さずに登記を終えるといった対応は、基本的に行えません。
事実上の会社設立手続きの1つとして、要チェックとなるでしょう。
しかし登記の書類だけでもかなりの数になります。
その上、さらに別の書類も必要になるなど、頭が痛くなりますよね。

この印鑑届出書とはまず何かというと、これはその法人の印鑑を登録するための書類です。
個人でも印鑑登録の手続きはありますよね。
市役所に印鑑の登録書を提出すれば、それが確かに自分の印鑑だということを市役所の方で証明してくれます。

会社設立で必要なこの印鑑届出書とは、実は仕組みとしてはこれと同じなのです。
会社を設立するときは、その法人用の印鑑を新しく用意しますが、これは用意するだけではだめなのです。
それをきちんと登録しないといけません。

これを登録することで、その会社の印鑑がどういうものか、客観的に証明できます。
こうしておくと、その法人がその印鑑を使うとき、その印鑑が本物だと証明できます。
印鑑届出書を提出したあとは、印鑑証明を発行してもらえるのです。
ここも個人の印鑑と同じですね。

このように登録をしておかないと、個人の印鑑と同じように、法人の印鑑も偽造しようと思えばできます。
会社名などは登記の内容を見たり、HPを見ればわかりますから、その社名で法人用の印鑑を注文すれば、一応はその会社の印鑑らしきものは作れるのです。
その気になれば、その印鑑を悪用することもできるでしょう。

もちろんこれはNGな行為ですが、このようなことが起きないように、会社設立のときには印鑑届出書を提出し、本物の印鑑がどんなものか、あわせて登録しておくのです。
そのための書類が印鑑届出書ですから、これも会社設立のためにどうしても必要な書類として、忘れずに作成しておきましょう。
なお、作成するときには登録する印鑑を実際に押す必要があります。
印影がきちんと写るように、丁寧に押してください。