株式会社設立するにあたって – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 株式会社設立するにあたって

株式会社設立するにあたって

日本にはたくさんの会社が存在しており株式会社・合同会社・合名会社・合資会社と4種類ありますが、その中でも圧倒的なシェアを占めているのが株式会社です。
日本の会社のほとんどが株式会社と言ってもいいくらいですし、会社を設立すると聞くと株式会社をイメージするはずです。

そんな超メジャーな株式会社ですが、設立するにあたって覚えておきたいのが株式会社とはどんな会社か?という点です。
ここは基本中の基本となる部分なので必ず頭に入れておきましょう。

それでは株式会社はどんな会社かと言うと簡単に投資家と責任者が一緒に作り上げていくスタイルの会社です。
と言うのも、株式会社は文字通り株式を発行することが可能で、それを買ってくれる投資家から出資を募り、それを資金にして会社運営を行っていきます。

また、責任者(役員)は出資者の中から選ぶことになっていますから、出資者=経営者になっていることも多いのですが、すべての資金を経営者が出しているわけではなく、一部はほかの役員や投資家が賄っていることがほとんどなのです。
そして利益が出たら配当金という形で出資してくれた投資家に還元しますし、定期的に株式を買ってくれた株主を招いて株主総会を行い、現在の経営状況の報告や感謝の意を示す会合を開きます。

つまり株式会社は株式を持っている人とのコミュニケーションによって成り立っているところが大きく、このあたりは日本人向けの会社形態と言えるかもしれません。
ただし、経営に関する責任は基本的に役員が取ることになっていますから、たとえば会社が業績不振によって赤字を抱えてしまい、倒産してしまったときには代表取締役をはじめとした役員が責任をかぶらなければなりません。

その際会社で働いている社員や株主には責任がありませんから、役員はある程度報酬を多く得る権利が与えられます。
経営者は出資者とのコミュニケーションで経営していくことに変わりありませんが、あくまでも経営責任を持っているのは経営者をはじめとした役員なので、そういった人たちの指示のもとに会社は動きます。

もちろん円滑な経営が行われている会社は社内でのコミュニケーションもしっかり取れていますし、協議する機会も多く活気がありますから、経営者の独壇場になるのではなく風通しのいい企業になることが重要です。
このように株式会社を設立するなら、株式会社とはどのようなスタイルの会社なのかを理解してからスタートしてください。