株式会社設立の資金について – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 株式会社設立の資金について

株式会社設立の資金について

株式会社を作ろうと決意された人もたくさんいらっしゃると思います。
そんなときまず用意すべきなのはお金です。
会社設立の手続きは非常に複雑で頭が痛くなりますが、どれだけその手続きに通じていても、株式会社設立資金がないと、絵に描いた餅です。
手続きを進めようとしてもお金がないと手続きが完了しないため、完璧な事業計画など作っていても、株式会社を作れません。

株式会社設立資金として必要な金額は、それほど多くありません。
もちろん1~2千円といったポケットマネーで作れるわけではありませんが、何百万円もないと手続きを受け付けできないといったことはないのです。
そこまで高いハードルではないのですから、株式会社を作ろうと思うなら、まずはこの必要な資金を不足なく集めるようにしましょう。

具体的に必要なその資金は、20~24万円となります。
あまりお金がない人にとって20万円なのか、24万円なのかで大違いですが、これは会社設立手続きの手順をどうするかによって、どちらになるのか分かれます。

少しでも節約したいと思うなら、その流れをよく確認しておくといいでしょう。

20万円で済むのは、定款を紙で作らなかったときです。
紙で作らないということは、電子文書でこれを作成する形になります。
これをすると印紙税の対象にならないため、4万円分の収入印紙が必要なくなります。
つまり紙で作るとこの収入印紙が必要になるため、電子文書で作ったときよりも株式会社設立費用が4万円高くなるのです。
これが総額で20万円になるか、24万円になるのかの違いです。
このような多少の違いはありますが、つまりは20~24万円あれば、株式会社を作れます。
これを基本資金として覚えておいて下さい。

ただし、これはあくまで手続きにかかる基本費用です。
実際に株式会社を設立するためには、ほかにも資金が必要になることは多いでしょう。
たとえば株式会社を作るためには定款という書類を作る必要があります。
これは起業にチャレンジしたことのある人以外、まず作る機会のない難解な書類で、見ているだけでも気が遠くなるような複雑な書類です。
それを自分で作らないといけないのですから、難易度の高さがわかるでしょう。

そのため実際に作るときには会社設立のサポートをやっているプロに頼むのが一般的です。
その依頼費用として3~5万円ほどかかることが多いでしょう。
その他、関係各所で自分で手続きするには、そちらへの交通費なども必要になるでしょう。
このようなことがあるため、株式会社設立費用には基本となる20~24万円のほか、もう少し余裕を持たせておくと安心です。