株式会社設立に必要な資本金 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立 » 株式会社設立に必要な資本金

株式会社設立に必要な資本金

現在、世の中にはたくさんの会社があります。
そのほとんどが株式会社で、ホームページを見れば社名や所在地、代表取締役の氏名など、基本的な情報を確認できます。
それらの情報を見てみると、資本金という情報があることに気づくでしょう。
これもその会社のステータスを示す重要な情報の一つで、実は株式会社設立をするときには、決めるべき条件の一つです。

資本金とは何かというと、その会社が持っているお金のことだと思って下さい。
世の中は現在、資本主義真っただ中です。
何事もお金がないと始まらないのが常識で、それは個人だけでなく法人にも言えることなのです。
ではその法人はいくらお金を持っていると言えるのでしょうか?
それを示すデータこそが資本金なのです。

これが1億円とあれば、その会社は1億円の資金を持っていることになります。
これなら少々の赤字、たとえば1000万円近い損失を出しても、自分が持っているお金からその損を補填できるため、倒産には至りません。
高額な資本金を持っていると、会社経営も非常に楽になります。

つまりこれが少ないと逆で、会社経営もミスが許されない、ぎりぎりの厳しい戦いになると言わざるを得ません。
たとえば資本金が100万円しかなかったら、1000万円の赤字を出したらゲームオーバーです。
その会社が持っているのは100万円しかないのですから、残りの900万円はどうにもできません。
何らかの方法でお金を補填できなければ、資金繰りが止まるため、倒産となります。

このように資本金はその会社のお財布の中にいくらあるのかを示すデータですから、高額なほど社会的な信用も高くなります。
この資本金は株式会社設立するとき、いくらにするのかを決めます。
高額な資本金を用意した方が、株式会社設立直後の運営は安心ですし、万が一ずっと売上がなくて赤字が続いたときもすぐに倒産することだけは避けられます。

ただし、資本金は金額によって、納税がかわってきますので、慎重に決めることが重要です。

これから株式会社設立するにあたり、1億円近い高額な資本金を用意できる人は少ないのが実情でしょう。
蓄えが寂しい起業家も心配はいりません。
最低でも1円あれば、少なくとも手続きのときに資本金が少なすぎると、申請を却下されることはありません。

ただし、本当に1円で株式会社設立をする人はほとんどいません。
資本金1円というのは、その会社の蓄えが1円しかないことを意味するのですから、創業直後からバンバン売上を取れない限り、倒産する可能性が高い、非常に寒気のする状況になるからです。
実際にどれくらいの資本金があれば安泰かといえば、それはケースバイケースですから一概には言えません。
これから立ち上げようとするその業種などに応じて、最低でも欲しい資本金は用意してから起業すると安心です。