:株式会社設立 の記事一覧 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立

株式会社設立

株式会社設立登記申請書の書き方


株式会社設立の手続きでは登記の手続きが必ず必要ですが、このときには用意すべき書類がたくさんあります。
その一つが、株式会社設立登記申請書です。
登記の手続きの代行を依頼していない限り、この書類は自分で作成しないといけません。
その書き方はどうすればいいのでしょうか?
≫ 『株式会社設立登記申請書の書き方』

株式会社設立の費用

これから会社設立をしたいと考えている人のほとんどは株式会社設立に向けて動き出していると思いますが、株式会社設立にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
会社設立の際に気になることを聞いたときにもっとも多く聞かれるのが「費用はどれくらいかかるのか?」という点で、これは最大の問題であり避けては通れない問題でもあります。
≫ 『株式会社設立の費用』

株式会社設立の流れ

会社形態には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類がありますが、会社設立と言えばほとんどの人が株式会社をイメージすると思います。
日本の企業のほとんどは株式会社で成り立っていますし、株式会社を設立することで得られるメリットも多いですから、初めて会社設立するならよっぽどのことがない限り株式会社をおすすめします。
≫ 『株式会社設立の流れ』

会社設立と印鑑の種類


会社設立のためには必要な準備があります。
その1つになっているのが印鑑です。
なにか重要な契約をするときや、なにかを受け取るときなど、捺印が必要です。
それは法人単位でも同じですから、新しい会社を作るとき、専用の印鑑を用意します。
このとき印鑑にもいくつかの種類があるのがわかると思います。
どれを用意すればいいのでしょうか?
≫ 『会社設立と印鑑の種類』

会社設立での印鑑届出書


会社設立に向けていよいよ動き出した方もいらっしゃるでしょう。
このときにやる手続きの内容として、有名なのは登記の手続きです。
会社の基本的情報を法務局で登録するのですが、これが終わると、実はもう会社は設立されたものとみなされるのです。
つまり会社設立の手続きの大詰めとなるものですから、多くの方がこれを意識して手続きをしていらっしゃることでしょう。
しかしこのとき、一見すると会社設立の手続きと直接は関係ないように見える手続きも入っています。
それが印鑑届出書の提出です。
≫ 『会社設立での印鑑届出書』

株式会社設立の費用

会社設立をするときにまず会社形態を決めると思いますが、日本ではほとんどの企業が株式会社ですから、株式会社設立に向けて動き出す人が多いです。
会社形態には株式会社のほかに合同会社や合名会社、合資会社とありますが、株式会社はその中でももっとも設立にかかる費用が高いと言われています。

それでは株式会社設立にかかる費用はどのくらいなのか、またほかの会社形態と比べてどのくらい違うのか比較してみたいと思います。
はじめに株式会社設立の手続きにかかる費用ですが、これはまず定款の作成にあたって紙の定款にする場合は印紙代40,000円がかかり、公証役場での認証手数料が50,000円かかります。

定款の作成を紙ではなく電子定款にした場合は印紙代40,000円がかかりませんので、現在はコストカットもできることから電子定款が主流になっています。
加えて謄本手数料などが2,000円程度かかります。

そして登記手続きをする際には登録免許税150,000円かかりますので、手続きにかかるトータルの費用はおよそ200,000円〜240,000円程度になります。
対して合同会社の設立にかかる費用と比較してみると、合同会社は定款の認証が必要ないので公証役場での認証手数料がかかりません。
≫ 『株式会社設立の費用』

役員の決め方

株式会社設立にあたって役員の決め方は悩みどころのひとつだと思いますが、従来までは株式会社の場合最低でも4人の役員を置くことが原則となっていました。
これは取締役が3人、監査役が1人の計4人で株式会社を設立するなら少なくとも4人はいなければならなかったというわけです。

≫ 『役員の決め方』

株式会社設立登記申請書の書き方

株式会社を設立するためには会社名や会社の所在地、事業内容などの基本事項や会社の組織図となる機関設計を決めたり、資本金の調達をしなければなりません。
そしてそういった情報を定款よ呼ばれる書類にまとめておき、最終的に登記申請をしてそれが通れば晴れて法人となります。

≫ 『株式会社設立登記申請書の書き方』