:株式会社設立 の記事一覧 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社設立

株式会社設立

会社設立で避けたい無効事由

 

会社設立で気を付けておきたいのが、無効事由というものです。
無効事由というのは何かというと、簡単に言えば会社の設立が認められず、無効になってしまう事由のことを言います。
会社というのは、色々な条件やルール、マナーなどによって設立が許可されます。
また、法律によっても会社設立に関してはしっかりと定められているのです。
そんな中、当然ですが法律を順守していない会社は無効となりますし、条件やルール、マナーに従えない会社も無効になる場合があります。
他の企業などがしっかりルールを守っているのに、一部の企業だけルールを破っても良いということはあり得ないのです。
公平に会社設立を促進するためにも、国ではあまりにも常軌を逸している会社設立に関しては、許可しないことにしています。
近年は特に税金対策で会社設立をする人も増えていますし、無職や無収入の方が会社設立をすることも多くなっています。
それ自体は問題がありませんが、実際に内容によっては企業として認められない場合もあるのです。

では、会社設立が無効になってしまった場合は、どのようになってしまうのでしょうか。
これに関しては、文字通り会社設立が認められず、無効となってしまいます。
つまり、せっかく会社設立を行っても、無効となってしまえば企業として名乗ることはできなくなるということです。
そこは十分に配慮していくことが必要となるでしょう。
もちろん、しっかりとした法律を順守し、ルールやマナー、各自治体の条件なども加味して設立すればまったく問題はありません。
だからこそ、ミスの内容に会社設立の手順や流れを確認しておくことが必要です。
ちなみに、会社設立後にトラブルや問題が発生すれば、そのまま無効になるということも十分にあり得ます。
せっかく会社設立を行ったのに、無効になってしまえば本末転倒です。
最初からしっかりとした手順と流れで、会社設立というものを行ってください。

ちなみに、事前にトラブルや問題を防ぎたいのであれば、専門家に代行してもらうのが良いかもしれません。
会社設立に関しては司法書士や行政書士、税理士が必要となってきます。
この手の専門家は会社設立についても知り尽くしている方が多いため、必要な手続きなどはすべて代行してくれることもあります。
そういう点を活用していけば、ミスもなく会社設立をすることが可能です。
ミスがないということは、後々になってから無効になるということもありません。

会社設立手続きの方法と注意点

 

ここでは、会社設立に関する手続きについて、簡単に解説していきたいと思います。
会社設立をするには、「登記」というものをまず申請する必要があります。

登記の申請は、公証人役場という場所で、まず定款を認証してもらうことからやらなければなりません。
定款の認証というのは、会社のルールを国に登録するという意味合いがあります。
定款は、紙の書類として作成する方法と電子定款を利用する方法の2つです。
定款を認証してもらう時には、公証人手数料5万円と収入印紙代4万円がかかるのですが、電子定款を利用すると、収入印紙代分の4万円が要らなくなりますので、費用の節約になります。

公証人役場にて、定款の登録が終わったら、資本金を個人口座に入金して、資本金払込証明書というものを発行してもらいます。
こちらの書類は、銀行に言えばすぐに発行してもらえますので、面倒な手続きはありません。
ただし銀行に資本金を預けれる時には、ある程度自分で使える余裕資金を残しておいた方がいいでしょう。
全力で預けてしまうと、後々個人では引き出せなくなってしまいますので、注意が必要です。

なぜならば、資本金は預けた段階で、会社のお金ということになってしまい、個人で自由に使えなくなってしまいます。
つまり経営者であるあなたは、会社に出資をしたということになるのです。
出資されたお金は、会社の事業を運営するために使われるお金ということになります。
例えば、あなたがそのお金で個人的に旅行に行ったり、車を買ったりするということはできなくなってしまいます。

さて、資本金を口座に預けて資本金払込証明書を受け取ったら、今度は登記申請書や定款謄本印鑑登録証明書などの書類を用意して、法務局に足を運ばなければなりません。
発起人決定書と呼ばれるものも必要です。
ちなみに定款謄本は、公証人役場で有料で発行してもらうことができますので、こちらも用意しておく必要があります。

あと、法務局では印鑑届出書を作成する必要があります。
印鑑届出書というのは、法人の印鑑の届出ということです。
これを作ると、法人の口座を利用することができるようになります。

法務局にはこれらの書類を提出して、承認されれば、晴れて会社設立ということになります。
ちなみに 提出して承認された日が、会社設立日になりますのでよく覚えておきましょう。
ここからは余談になるのですが、どのような日を会社設立日にしたらいいのか、悩む人は多いかと思われます。

些細な問題なようですが、取引先が縁起を担ぐ相手だといけないため、できるだけ縁起のいい日に設定したいものです。
天赦日という一番縁起のいい日がありますが、年に数回しかないため、そこそこ対象日がある、大安が一番無難ではないでしょうか。
縁起の良い日に設定したからと言って、手続き料金が上がるわけではありませんので、できればそういう日を選んでおくと良いでしょう。

会社設立のお祝い向けプレゼント

 

会社設立の際には、お祝いを渡すこともあるでしょう。
実際に知り合いや知人が会社を設立した場合などは、そのお祝いのためにプレゼントをするという習慣もあります。

日本では会社設立のハードルが低下しつつあり、近年は比較的誰でも会社にすることが可能です。
しかし、そこで必要となってくるのが「何をプレゼントすべきなのか」という点です。
あまりにも高級なものだと気を遣わせてしまうこともあるし、逆に余りにも陳腐なものだと軽蔑されてしまうかもしれません。

まずは、どのようなお祝いが定番なのかを知り、それをしっかり考えた上でプレゼントを決めていきましょう。
そうすれば、大きく失敗するということはなくなるのではないでしょうか。
もちろん正解というものはないので、お祝いしたいと思ったものを渡すようにするのが良いです。

まず、お祝いとして定番なのが花束です。
良く個人事業主でも会社でも、開業したり設立したりした時には、花束を贈るのが通例となっています。
花束の場合は華やかになるだけではなく、処分も難しくないのが良い点です。

やはり開業や設立というのは、ドタバタしていてあまり凝ったものを受け取ると面倒なことにもなってしまいます。
一番無難なところで考えると、やはり花束がベストだと言えるでしょう。
ただ、花束の場合は規模によって邪魔になってしまうこともあるので、あまり大き過ぎないものが良いです。
それこそ、会社に一時だけでも飾っておけるくらいのものが良いのではないでしょうか。

その他、邪魔になりそうな場合は、近年は一輪挿しというのも良いと言えます。
会社として華を咲かせられるようにと思いを込めてお祝いすれば、喜んでもらえることは間違いないです。

その他、定番となっているのが事務用品など、会社設立後に仕様できるものです。
これは自営業開業後にも良いもので、普通に便利に使っていけるものだとかなり重宝します。

まずはそういう点も含めて、活用してみると良いのではないでしょうか。
さらには、お菓子なども人気となっています。
お菓子は食べれば良いだけのことですし、処分などにも困らないのでお祝いには最適です。

プレゼントを探しているという方は、相手が受け取ってどう感じるのかを考えた上で、選んでいくのが良いのではないでしょうか。
そうすることによって、より相手の気持ちを考えたプレゼントが渡せるようになります。
ぜひ、色々と考えてみてください。

株式会社設立登記申請書の書き方


株式会社設立の手続きでは登記の手続きが必ず必要ですが、このときには用意すべき書類がたくさんあります。
その一つが、株式会社設立登記申請書です。
登記の手続きの代行を依頼していない限り、この書類は自分で作成しないといけません。
その書き方はどうすればいいのでしょうか?
≫ 『株式会社設立登記申請書の書き方』

株式会社設立の費用

これから会社設立をしたいと考えている人のほとんどは株式会社設立に向けて動き出していると思いますが、株式会社設立にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか?
会社設立の際に気になることを聞いたときにもっとも多く聞かれるのが「費用はどれくらいかかるのか?」という点で、これは最大の問題であり避けては通れない問題でもあります。
≫ 『株式会社設立の費用』

株式会社設立の流れ

会社形態には株式会社・合同会社・合名会社・合資会社の4種類がありますが、会社設立と言えばほとんどの人が株式会社をイメージすると思います。
日本の企業のほとんどは株式会社で成り立っていますし、株式会社を設立することで得られるメリットも多いですから、初めて会社設立するならよっぽどのことがない限り株式会社をおすすめします。
≫ 『株式会社設立の流れ』

会社設立と印鑑の種類


会社設立のためには必要な準備があります。
その1つになっているのが印鑑です。
なにか重要な契約をするときや、なにかを受け取るときなど、捺印が必要です。
それは法人単位でも同じですから、新しい会社を作るとき、専用の印鑑を用意します。
このとき印鑑にもいくつかの種類があるのがわかると思います。
どれを用意すればいいのでしょうか?
≫ 『会社設立と印鑑の種類』

会社設立での印鑑届出書


会社設立に向けていよいよ動き出した方もいらっしゃるでしょう。
このときにやる手続きの内容として、有名なのは登記の手続きです。
会社の基本的情報を法務局で登録するのですが、これが終わると、実はもう会社は設立されたものとみなされるのです。
つまり会社設立の手続きの大詰めとなるものですから、多くの方がこれを意識して手続きをしていらっしゃることでしょう。
しかしこのとき、一見すると会社設立の手続きと直接は関係ないように見える手続きも入っています。
それが印鑑届出書の提出です。
≫ 『会社設立での印鑑届出書』