会社設立で必要な認印の印鑑 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社のキホン » 会社設立で必要な認印の印鑑

会社設立で必要な認印の印鑑

これから会社設立するためには、法人用の印鑑が必要です。
法人とは何かというと、人ではありませんが、法的には人として扱われる団体を作ることなのです。
個人がそれぞれで認印として印鑑を持つように、会社も新しく作るなら専用の認印を作らないといけません。

とはいえ、初めて会社を作るとき、どのような印鑑が法人用の認印になるのか、よくわからなくて迷うことも多いでしょう。
ただでさえ忙しい会社設立のときです。
印鑑1つで迷って時間を浪費するのは避けたいところでしょう。

法人が認印として使える印鑑など、文房具店や百円均一のショップなどではあまり見たことがないかもしれませんが、実はこれは普通に市販されている品です。
印鑑専用のショップや、法人用の印鑑を扱っているショップに行くと購入できます。
それならすぐにでも注文しようと思うかもしれませんが、このときに購入すべき印鑑の種類に注意して下さい。

認印なら正直どんな印鑑でも問題はないと思いますよね。
それが本当に認印として普段使いするものならその通りですが、今必要なのは会社設立で使うものです。
このときに使う印鑑は、その後、会社の正式な印鑑として登録されます。
そのため、ここでは会社で一番重要となる印鑑をまず購入するのが基本です。

その印鑑とは、代表者印になります。
その名前からもわかるかもしれませんが、その会社の代表者の印鑑という意味です。
つまりはこの会社の最高責任者がこの件を認めたという意味を持つ印鑑になりますから、その会社で一番大事な印鑑となるのです。

もちろん認印としても使えますから、普段使いしても構いません。
ただ、非常に重要な印鑑になりますから、重要な契約書など最高責任者の捺印が絶対に必要になる場面に限って使うのが一般的で、重要度の低い案件に使う認印はまた別に用意する会社も非常に多いです。
それ専用の認印も法人用の印鑑ショップなどには売っています。

だからこそ間違えないようにして下さい。
会社設立のときに必要な認印は、基本的に代表者印となります。
とにかく会社設立の手続きを先に終わらせ、必要な印鑑はあとでゆっくり揃えようと思っている方もおられるでしょう。

そのような方は、まずは代表者印だけを購入し、それ以外の認印をあとで揃えるといった対応がおすすめです。
なお、代表者印と聞くと非常に格式高い印鑑に思えるかもしれませんが、絶対に高級というわけではありません。
非常に安いお手頃な印鑑も多いですから、手頃な認印で会社設立したいと思うなら、手頃な代表者印を購入するといいでしょう。