会社設立にかかる費用 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社のキホン » 会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

会社設立にあたり最も気になるのは、費用になるかと思います。
どのような形で会社を立ち上げるかによって大きく変わりますが、株式会社ともなれば覚悟はした方が良いでしょう。
ただ本音を言えば、会社が軌道に乗るまでは資本金だけで何とか賄いたいのが本音かと思います。

ケースバイ・ケースになるので断言は出来ませんが、小さい会社ともなれば出資者は社長本人になります。
ただ株式会社であれば会社設立だけでなく、会社経営にも莫大な費用がかかります。
親族に頭を下げて何とか出資者になってもらうことも出来なくはありませんが、後々大きなトラブルにもなりかねないので、なるべく控えた方が賢明と言えるでしょう。

では株式会社を設立するには、具体的に幾ら費用がかかるのでしょうか。
こればかりは何とも答えようが無く、「会社による」としか答えようがありません。
会社でどういう仕事を行うのか・仕事は事務所を借りるのか自宅で行うのか、何人の社員を雇うかによっても大きく変わります。

だからどうしても費用が知りたいと思うのならば、まずは開業プランをしっかり立ててから算出するようにして下さい。
今の時代”利益”を出すのはかなり難しく、中々上手くはいかないものです。
行き当たりばったりで経営しては、利益は上げられず1年も経たない内に会社を畳むのがオチです。
でも開業プランをしっかりと立てておけば、会社設立に幾らかかるのかは直ぐに分かるかと思います。
また手続きもスムーズに進むので、気持ち的にも楽になるでしょう。

ただ株式会社を起こす際には、どんなに少なく見積もっても数百万円はかかります。
設立の段階でも公証人による認証手続き・登記費用・印鑑作成等が必要となり、それぞれに費用がかかります。
更には名刺作成・看板作製・事務費用・備品も用意しなければならず、考えるだけでも頭が痛くなります。
最近は「0円起業」が話題になっていますが、0円で本当に起業出来れば苦労はありません。