株式会社と合同会社の比較 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社のキホン » 株式会社と合同会社の比較

株式会社と合同会社の比較

日本だけでなく、世界には多くの企業があります。
中には大成功を収めており、世界中に知られている企業も少なくありません。
もちろん成功を収めている多くの会社は株式会社ですが、最近は合同会社も増えて来ました。
会社設立も株式会社ではなく、合同会社を設立する人が多くなっています。
では何故合同会社を設立する人が増えてきたのか、また株式会社とどう違うのかも比較してみましょう。

合同会社を設立する1番の理由としては、多くのメリットがあることです。
色々なメリットが挙げられますが、株式会社と比べると費用がかからないのが大きいかと思います。
株式会社を設立するとなると定款認証や設立登記等で、かなりの費用がかかります。
もちろん合同会社を設立するにも費用はかかりますが、株式会社の比ではありません。
定款認証は不要となり、登記に関しても株式会社と比べると安く済みます。
また決算公告の義務も無く、役員の任期が無いのも合同会社のメリットと言えるでしょう。

更に自由度が高いのも、合同会社の魅力です。
株式会社であれば「株主総会」等の意思決定機関があるので、社員同士で会社の方針を勝手に決めることは出来ません。
株式会社は社員だけでなく社員以外にも影響が出ることもあり、自由が利かないのが難点です。
でも合同会社であれば、会社の運営方針は社員だけで決めることが出来ます。
定款で定める必要は一応あるものの、好きな仕事が思う存分出来るのも魅力と言えるでしょう。

ただやはり信用度に関しては、株式会社の方が遥かに上です。
信用はビジネスを進める上で、絶対に無くてはならない物であるとは、重々承知している筈です。
また合同会社ともなればビジネスの幅も限られるので、肩身が狭い思いをする時もあるかもしれません。
でも時代は常に流れており、これからも合同会社の数は増えていくと思います。
株式会社だけに囚われず、会社設立の際には合同会社も視野に入れても良いでしょう。