株式会社設立のメリット – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社のキホン » 株式会社設立のメリット

株式会社設立のメリット

自分自身で何か新しいビジネスを始めたいのならば、わざわざ株式会社を起こす必要はありません。
個人事業でも十分で、実際に莫大な利益を得ている方も大勢いらっしゃいます。
では何故わざわざ株式会社を設立する必要があるのか、得られるメリットについて取り上げます。

まず株式会社は、社会的信用度がかなり高いです。
どのようなビジネスを手掛けることになったとしても、必ず相手はいます。
ビジネスを成功させるには、相手に如何に信用されるかが鍵となっています。
でも株式会社であれば、それだけで信用があると見なされるので、取引もスムーズに進むようになるでしょう。
そもそも株式会社は資本金・役員・規模によって、決算内容を情報開示が義務付けられています。
素性の分からない相手よりは、素性が分かった方が相手側も安心出来るという訳です。

また事業主に万が一のことが起こったとしても、ビジネスが存続出来るのも大きなメリットです。
個人事業の場合でも、事業相続という手を使えば何とかなる可能性はあります。
でも余程上手く行かない限りは、かなり難しいのが正直な所です。
しかも相続という新たなる問題も絡んでくるので、収拾がつきません。
でも株式会社は「個人」ではなく「法人」になるので、万が一のことがあったとしても会社そのものが完全に消滅する訳ではありません。
今の時代何が起こるか分からないので”絶対に大丈夫”とは断言出来ないものの、リスク的にはかなり抑えられるのも信用を得られる大きな理由と言えるでしょう。

ただし会社設立の際には、必ず株式会社でなければならないという訳ではありません。
ご自分がビジネスで何をしたいのかをじっくり考えた上で、決めても遅くは無いと思います。
でも株式会社を立ち上げることにより、得られるメリットはかなり大きなものになります。
だから選択肢の内の1つとして、「株式会社」を取り入れても損はありません。
重要なことは、会社を立ち上げて何をしたいのかです。