株式会社とは – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社のキホン » 株式会社とは

株式会社とは

会社設立を決意した理由は、人それぞれでしょう。
ただどういう会社を起こしたにせよ、経営するにはどうしてもお金が必要です。
予め準備していた資金で事足りるのならばまだしも、現実はそんなに甘い物ではありません。

資金調達で1番手っ取り早い方法と言えば、金融機関等からの借金でしょう。
ただし借りたお金は必ず返済しなければならず、しかも利子もかかるのでかなりの負担になります。
でも株式を発行するすれば投資家からお金を集めることが出来るので、返済や利子の負担がかからずに済みます。
株式会社とは、株式で資金を調達している会社のことを指します。

株式を購入して出資者(株主)になると、会社が上手く行けば大きな利益が得られます。
ただし会社経営が上手く行かなくなると、株主も大損害を受けることになります。
会社設立した当初はおそらく、ご自身が株主になる可能性はあります。
ただ必ずしも事業者が株主になる必要は無く、株式会社制度を上手く利用して自己資金が無くても資金を調達して事業を行っている方もいらっしゃいます。

ではどのようにして、株式を発行すればいいのでしょうか。
まず1株につき、幾らで発行するのかを決めます。
金額設定は自由ですが、資本金の範囲内で決めるようにします。
幾ら発行するのかが決まれば、自動的に株式の発行数も決まります。
例えば資本金が1000万円で1株につき5万円と設定したのならば、発行数は200株と言うことになります。
発行株数が決まれば、次に会社が発行できる株式の上限(発行可能株式総数)を決めます。
発行可能株式総数は一応自由には決められるものの、経営権にも関わるので慎重にならなければいけません。

会社を1つ運営するには、規模にもよりますが莫大なお金が必要となります。
最初から上手く軌道に乗れば良いのですが、どうしても時間はかかるものです。
資金調達方法には株式以外にもあるものの、会社設立を考えているのならばしっかり勉強するようにして下さい。