:株式会社のキホン の記事一覧 – 株式会社のキホン解説 会社設立ナビ

HOME » 株式会社のキホン

株式会社のキホン

株式会社設立と役員決め

株式会社設立するとき、役員をどうするか、これを決めないといけません。
役員とは何かというと、その会社のかじ取りをする幹部のことです。
社員がその会社に雇われた立場で、会社からの指示に従って仕事をするのに対し、役員はその会社に雇われている立場ではありません。
その会社の経営に携わり、社員たちに命令を出すことでその会社を円滑に運営していくのが仕事です。
≫ 『株式会社設立と役員決め』

会社設立で印鑑を買うタイミング


新しく法人を作るときは、専用の印鑑を用意しないといけません。
会社設立でも印鑑は重要な準備物となっており、これは新しく買うことになりますが、そのタイミングはいつが最適でしょうか?

これは定款を作っているときです。
定款とは会社設立で必要な重要書類で、そちらには社名や事業目的などの基本情報を載せるほか、その会社の運営規則なども載せます。
設立後の会社にとっては、会社の憲法とも呼ばれる重要書類となります。
≫ 『会社設立で印鑑を買うタイミング』

会社設立で必要な認印の印鑑

これから会社設立するためには、法人用の印鑑が必要です。
法人とは何かというと、人ではありませんが、法的には人として扱われる団体を作ることなのです。
個人がそれぞれで認印として印鑑を持つように、会社も新しく作るなら専用の認印を作らないといけません。

とはいえ、初めて会社を作るとき、どのような印鑑が法人用の認印になるのか、よくわからなくて迷うことも多いでしょう。
ただでさえ忙しい会社設立のときです。
印鑑1つで迷って時間を浪費するのは避けたいところでしょう。
≫ 『会社設立で必要な認印の印鑑』

株式会社設立について

近年、日本では若い起業家たちがこぞって自分の会社を立ち上げていますが、そういった人たちのほとんどは株式会社設立をしています。
日本では一般的に会社と言えば株式会社をイメージする人がほとんどですし、日本でビジネスをするなら株式会社を立ち上げることによって多くのメリットがあります。

そこで今回は株式会社設立に向けての手続きの流れ、そしてどんなメリットがあるのかをお伝えしていきたいと思います。
はじめに株式会社設立の流れですが、まずは会社の基本事項となる会社名と会社の所在地、事業内容の3つを決める必要があります。

会社名の決め方は経営者の好きな言葉を使っても構いませんし、名前をそのまま持ってきたり、会社のスローガンとなる言葉、好きな色どんなワードを使っても基本的には問題ありません。
ただしあらかじめ商号登録されている名前だと使うことができませんので、会社名が決まったら商号調査をして使用可能な名前かどうかをチェックしてみましょう。
≫ 『株式会社設立について』

定款とは

会社設立と言えばまず思い浮かぶのが株式会社ですが、株式会社設立のためにはいくつかのステップを踏んでいかなければなりません。
中でももっとも重要な工程は定款の作成で、これは簡単に言えば会社の組織図やどのような業務を行うのか、資本金はいくらにするのかなどを決めます。

定款はいわば会社のルールブックのようなものなので、これがきちんと決まっていないと会社設立はできません。
株式会社設立のときだけでなくすべての法人に言えることですから、定款を作成するときには十分に時間をかけてください。

≫ 『定款とは』

会社設立代行業者を選ぶポイント

ご自分で会社設立を行う際、どうしても時間と手間がかかってしまいます。
特に急いでいないのならば良いかもしれませんが、なるべく早く済ませたいものです。
そこで利用したいのが、会社設立を代行で承っている業者です。
しかし「会社代行」を手掛けている所は数多く、何処に頼めば良いのかは悩んでしまいます。
≫ 『会社設立代行業者を選ぶポイント』

会社設立にかかる費用

会社設立にあたり最も気になるのは、費用になるかと思います。
どのような形で会社を立ち上げるかによって大きく変わりますが、株式会社ともなれば覚悟はした方が良いでしょう。
ただ本音を言えば、会社が軌道に乗るまでは資本金だけで何とか賄いたいのが本音かと思います。
≫ 『会社設立にかかる費用』

会社設立に必要となる書類

株式会社を1つ設立するだけでも、莫大な書類が必要となります。
社会的な責任が大きくなるので仕方ない部分もありますが、書類作成だけでもかなりの労力が求められることになるでしょう。
では会社設立の必要書類にはどんなものがあるのか、また書類作成の方法について取り上げます。
≫ 『会社設立に必要となる書類』